株取引をするには何が必要なのでしょうか。株取引の方法としては、証券会社に行って直接売買する店頭取引や電話によるオペレーター取り次ぎの取引もありますが、現在の主流は何といってもネットトレードです。ネットトレードなら、自宅や外出先でも手軽に株取引が行えますし、株式売買手数料が安くて済むという利点もあります。当然ですが、ネットでの株取引にはネット環境が必要になります。株価チャートなどを閲覧したり、証券会社が提供しているツールといったサービスを快適に使用するためには、Windows2000以降のOSを搭載したパソコンがオススメです。それに、ブロードバンド回線は必要不可欠でしょう。安定した接続環境を維持できなければ、株取引が途中で中断してしまいます。また、通信速度が遅いと、思い通りのタイミングで株取引ができない恐れがありますから、ネット環境の整備には細心の注意を払ってください。証券会社に株取引口座を開設する際、併せてネット銀行の口座も開設しておくと、資金の送金に便利です。証券会社に株取引用の口座を開設し、その口座に資金を入金すれば、株取引そのものはいつでも行うことができます。もちろん、トレードのためのツールをパソコンにダウンロードしたり、そのツールの使い方に慣れたりする手間は発生します。それに、いきなり資金を投入して株取引をするよりも、シュミレーションなどを行って株取引に慣れる努力をした方が無意味な損失を防ぐことができるでしょう。